Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP (Japanese)

Contact Us Printer-friendly page
 
LinkedIn

弁護士・弁理士 arrow

スティーブン・ パーカー

スティーブン・ パーカー

(Parker, Stephen B.)

オブカウンセル

vcard 202-822-1518

vcard 202-822-1111

People Details

プロフィール

特許、商標、その他の広い範囲で知的財産法に携わっている。

主要取扱分野

特許、商標、カウンセリング、オピニオン、契約、ライセンシング、交渉、訴訟 

 

法務教育を活発に行い、米国や海外において知的財産に関わるレクチャーを頻繁に行っている。

 

知的財産マネージメントを含む教育活動もしており、ジョンズ・ホプキンス大学大学院やジョージタウン大学のCLEプログラム等で教鞭を執り、大小の法律事務所や企業等を含む様々な組織内の知的財産の手順を導き、発展させる手助けも行っている。

 

食品や製品産業における知的財産の問題の実質的な知識を持っており、米国知的所有権法協会の食品医薬品委員会の副委員長や委員長を務め、菓子業界では社内カウンセラーとして働き、様々なスナック・飲料会社の知的財産を管理し、製品のパッケージング技術において特許審査官として働く経験を持つ。

 

また、医療機器サミット組織に記事を寄稿したり、レクチャーを行ったり、米国知的所有権法協会の医療機器関係の小委員会を設立したり、2013年はジョージア大学大学院の薬学プログラムの非常勤教職員として任命される等、医療機器の分野においても大変活発である。

 

更には、米国特許商標庁でビジネスモデル特許についてレクチャーをしたり、DC弁護士協会にソフトウェアについて毎年CLEの授業を行う等、電気通信やソフトウェアの分野においても積極的に取り組んでいる。

 

2010年にWHDAへ再入所する前、ワシントンDC最大手のひとつである法律事務所のバージニア・オフィスの特許グループを率いて経験を積み、後に元特許庁長官を含む6名のパートナー弁護士達と共に法律事務所を設立し、知的財産法律事務所最大手のひとつへと発展させる。

 

それ以前は、米国特許商標庁審査官、ニューヨーク市のエンジニアリング・コンサルティング会社のテクニカル・デザイナー等の経験を有する。

 

発明への情熱を追い求め、特許分野に入る。

 

図面や絵画をしたり、作詞・作曲をしたり、書籍や記事を書いたり、様々な技術の発明の創作や改良をしたり、全ての媒体において、ものを作り出すことを楽しんでいる。

また、特に健康フィットネスに興味を持ち、余暇は地元の少年サッカー・チームのコーチをしている。